ウラジオストクにあるローシキ・プローシキでは美味しいペリメニが食べられます!


こんにちは、ゆかこです。


ウラジオストクに来て食べたかったものの1つが、ペリメニです。


ペリメニとは、ロシア風の水餃子のことで、小麦粉の皮で肉や魚、野菜などのあんを包んだもの。


小ぶりで一口サイズなので食べやすく、色んなソースにつけて食べるスタイル。



ペリメニが美味しいと評判の「ローシキ・プローシキ」というお店に行きました。




場所はスヴェトランスカヤ通りに入ってすぐの地下1階にあります。


営業時間が長く、夜は24時まで空いているみたいです。


お店の入口は看板が立っているので、すぐに分かります。


店内の壁はレンガでできていて料理道具が飾ってあり、カジュアルなデザイン。


テーブルとイスが木材でできているので、温かみのある雰囲気でした。


ペリメニの他にも、ピロシキなどの軽食からアルコールまで、メニューの種類は豊富でした。

注文した料理はボルシチとペリメニ2種類


ペリメニの具は、豚ひき肉とサーモンにしました。


ウラジオストクに着いたばかりの時だったので、THE定番の料理が食べたかったんですよね。

ボルシチは野菜の味がしっかり感じられて、さっぱりと食べやすかったです。


ペリメニは皮がもちもちしていて食べ応えがあり、具のうま味もたっぷりでした。


店員さんがおススメのソースをそれぞれ教えてくれます。


注文数が少なかったので物足りないかなと思ったんですが、ペリメニが意外とボリューミーだったのでお腹いっぱいになりました。


とても美味しかったです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする