タイからラオスへの道中快適バスNakhonchai airでスリンへ


こんにちは、ゆかこです。

いよいよラオス旅行


今回は1か月くらいかけてラオス中をゆっくり回ります。


せっかく時間もあるし、行ったことがないところにも行こうということになり、ラオスに入る前にタイ東北部スリン県に寄ってみることにしました。



陸路でタイからラオスへ行くにはいくつかルートがありますが、今回はウボンラーチャターニー経由でラオスのパクセーに入るルートで行くことにしました。


そのウボンの手前にあるのがスリン県


象祭りで有名ですが、クメール時代の遺跡も残っているところ。


遺跡好きな私にとっては、見どころ満載の予感です。



バンコクからスリンへの移動は、Nakhonchaiairというバス会社を利用しました。


タイの北部と東北部を中心に走っているバス会社で、サービスもよく、安全で、比較的きれいなので、バス移動する時には使っています。

今回は22:15バンコク発、4:30スリン着の便を利用。


バンコクの北バスターミナルからも乗れますが、専用のバスターミナルもあります。

(航空会社をイメージしていて、おもしろいです)

(Nakhonchaiairが運営しているタクシーもあります)



ネットから予約できて、タイ語と英語に対応しています。


予約が完了したら、予約番号と振り込み期限が表示されるので、期限までにコンビニで支払いを済ませます。


支払いの際に予約番号を聞かれます。


値段は1人353バーツでした。


バスチケットはレシートに印字されるので、無くさないよう要注意です。


予約の際に車内食がノーマル、ベジタリアン、ムスリムの3種類から選べたので、ノーマルとベジタリアンにしてみました。

(ノーマルの食事:ホットドッグ、オレンジジュース、スナック菓子)

(ベジタリアンの食事:野菜と春雨炒めのお弁当に、オレンジジュースとスナック菓子がついていました)


久しぶりにバックパックを背負っての旅行です。

楽しみ!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする