タイとミャンマーの国境の町サンクラブリーへ日帰りツアーに参加しました。



こんにちは、ゆかこです。

ミャンマーとの国境の町、カンチャナブリ県サンクラブリーに行ってきました。


普段は自分たちで旅行することが多い私たちですが、今回はツアーに参加。


早朝にバンコクを出て帰ってくるという、日帰り弾丸ツアーです。



参加したのは日曜日に催行された日帰りツアー。


バンコクからけっこうな距離があるため、朝5時半に集合、出発です。


我が家から集合場所まで少し離れていますが、朝も早く、道も混んでないだろうし、タクシーで行けば余裕だろうと5時に家を出ました。


なんとかギリギリ5時半に到着。


私たちがツアー参加者の中で最後でした。


なんとか間に合って、よかったー。



最初はダム見学


数多くある王室プロジェクトの中の1つで、ラマ10世の名前が付いています。


この辺りをぐるーっと散歩したら、次の場所に向けて出発です。



移動時間がけっこうありそうだったので、車内で持参したお昼ご飯。


前の日の夜からせっせと作りました。


どこかで食べてもいいんでしょうけど、颯くんは手料理が大好き。


正直、作るのが億劫なこともありますが、すごく喜んでくれるので、出かけるときはだいたい作って持っていきます。




モン族という少数民族が暮らしている町に到着。


見どころはタイ最古の木造の橋、モン橋です。


自然も豊かで、空気もきれい。


ここに住む人々の、水上生活も見ることができます。


しばらくボーっと自然を満喫、心が満たされました。


橋のふもとには市がたっているので、お土産も買いました。


土地柄か、ミャンマーのものが多く売られていました。


ミャンマー旅行以来、すっかりハマっているタナカは、大きいサイズのものを購入。


水に溶いてパックすると、お肌がモチモチになります!


天然の日焼け止めとして使われていて、肌荒れやニキビにも効果があるそうです。




最後はミャンマーとの国境です。


島国の日本にはない、陸続きのゲートの向こう側が違う国という感覚。


不思議な感じです。


ツアーに参加すると、目的地まで連れていってもらえるので、周りの景色を楽しんだり、途中で出会った人との会話を楽しんだりする機会もなく、行った先がどこの何だか分からなかったりしました。


旅行って、いろんな出会いやハプニングがあってこそ楽しいもので、思い出に残るものだなぁと改めて実感。


でも今回のように、時間の制約があって自分たちでは行けないような場所にもツアーでなら行ける。


車中は寝ていてもよく、乗っているだけで目的地に行けるし、何より安全、快適。


普段はしないような旅行スタイルだからこそ、今回のサンクラブリー旅行は思い出に残りそう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする