ラオス ビエンチャンのおすすめカフェと雑貨


こんにちは、ゆかこです。


ビエンチャンまではパクセーから夜行バスで移動しました。



ようやくラオスに来た感じ。



2人とも南部でお腹を下したので、ビエンチャンで2泊くらいゆっくり過ごして、体調を戻す予定です。



長い旅では体を休める時間も必要ですね。





ビエンチャンには何度も来たことがあるのですが、ビザ取得などで滞在することがほとんどで、市内をあまり回ったことがない私たち。



今回の滞在では、市内のカフェや雑貨店もゆっくり見て回って、思いっきり観光したいと思っています。


少し前まではビエンチャンのカフェって、正直、小汚い印象がありました。でも、今回来てみてびっくり!



バンコクにあるようなオシャレで洗練された雰囲気のカフェが増えていました。



ゲストハウス街を歩いていて見つけたお店。



メコン川沿いの大通りにあります。



今回は外から眺めただけでしたが、ゆっくりできそうな雰囲気でした。



値段は高くないし、ラオスでは見かけないcold brewedもメニューに載っていました。




韓国人観光客が多いラオスでは韓国のカフェも増加中。



このカフェは韓国のかき氷パッピンスや軽食もありました。



できたばかりなのか、店内は清潔でwifiも使えました。



読書したりパソコン作業したりするのにも向いていると思います。



コーヒーも美味しかったです。


フランス人がオーナーで、オープンしたばっかりだと思います。



木材が多用してあって、高級感漂う感じです。



コーヒーや紅茶はもちろん、軽食もありました。



ケーキもクオリティが高くて、甘すぎず美味しかったです。



ただ、ハイソ―向けなのかお値段は高め…


ビエンチャンの雑貨店を見て回って思ったのが、フェアトレードの商品を多く取り扱っているということ。



多くの少数民族が暮らすラオスでは、民族と住む地域によって大きな収入格差があるんだと思います。



そんな問題を解決すべく、それぞれの少数民族の伝統技術や特技などを活かして作られた商品。



購入することで支援にもなるし、伝統技術を守ることにも繋がると思います。



どの雑貨店でも取り扱っている商品と値段はあまり変わらなかったですが、一つ一つ手作りで作られた1点ものばかりだと思うので、気に入ったものがあれば即決をおススメします。


全てフェアトレードの商品



少しでも支援になればと、私たちもたくさん買いました!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする