ラオス有数の有機栽培コーヒーの産地として有名なパクソンへ



無事にラオスへ入国できました!颯です。


タイ東北部ウボンラチャタニー経由でラオス南部の都市パクセーに滞在しています。



ここパクセーは、チャムパーサック県の県庁所在地だけあって、ホテルや飲食店が立ち並び、街が栄えています。 


2日程のんびりパクセーで過ごした後、レンタサイクル店でバイクを借りパクソンへ向かいました。



バイクはマニュアルタイプが1日800円程で借りられました。(スクーターは1.500円程します!)



バイクを借りる際、パスポートを預ける必要があります。



僕は、タイで免許書を取得していたので、それを預け借りる事ができました。(タイの免許書はASEAN全土で利用する事ができます。)


10年程前にタイに留学中もバイクに乗っていましたが、久しぶりに125ccのマニュアルタイプのバイクに乗るのでドキドキしました。



2人乗りできるバイクなので、後ろにゆかこを乗せ、10時過ぎにパクソンに向け出発しました。



パクソンへはパクセー市内から、16号線をまっすぐ走ります。




パクソン村に到着する手前にタート・パースワム滝、タート・イートゥの滝、タート・ファーンの滝など、いくつか滝が点在しています。



せっかくなので、途中タート・ファーンの滝へ寄りました。



滝それぞれに趣や迫力が異なり、水に恵まれたチャーンパサック県の魅力の一つになっているようです。



滝のビューポイントには、レストランやコーヒーショップがあり、家族連れや旅行者で賑わっていました。


ここタート・ファーンは、約200mというラオス最大の落差をもつ滝で、二つの川から水が豪快に流れ落ちており、迫力があって見ごたえがありました。



バイクで40km程、舗装されていない砂利道を走って疲れていたので、竹でできた椅子に座り滝を眺めながらおやつを食べ休憩しました。


その後、しばらくバイクを走らせるとパクソン村に到着しました。



ここパクソンは、標高1,200mでボーロベン高原の頂上部に位置し、植民地時代はフランス人の避暑地として利用されていたようです。



コーヒーやお茶の産地として有名で、「パクソン・コーヒー」とうブランドはラオス中で親しまれており、パクセーにはパクソンで採れた豆を利用したカフェがいくつもあります。



道路沿いではコーヒー豆を天日干ししていました。





ここでは、オランダ人が経営している「Koffie’s Coffee」へ立ち寄り、休憩したかったのですが、見つからなかったので、目的地を変え、ボーロベン高原に位置する「シーヌークコーヒーリゾート」を目指す事にしました。



パクソン村を過ぎ、16号線を東へ曲がります。ここからの道は舗装されており、コーヒー農園を眺めながらのドライブを楽しむ事ができました。



30分程ドライブすると、突然大きな建物が現れます。



ここシーヌークコーヒーリゾートは、ラオスを代表するコーヒーブランドSinouk Coffeeが経営するリゾート施設です。



中に入ると、カフェや宿泊施設があります。



ここのカフェでシーヌークの特別メニュー「カフェラテミント」と「アイスキャラメルコーヒー」を注文し、一休みしました。美味しいコーヒーを飲み、エネルギーチャージできたので、帰路につきます。


帰りは来た道を途中ガソリンスタンドで休憩しながら、戻りました。



タイのガソリンスタンドがあったので、コンビニやアマゾンカフェが利用できたのが嬉しかったです。



パクセー市内へは19時前に帰り着きましたが、戻ってきた時は道中の砂埃の影響で全身真っ黒になっていました。。。



決して運転しやすい道ではありませんが、わざわざ訪れるだけの価値はあると思います。



もしパクセーに来る機会があれば、訪れてみて欲しい場所の一つです!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする