タイの観光ビザを取得するためにバンコク発ラオスのビエンチャン行きのビザ取得ツアーに参加しました。



こんにちは、ゆかこです。

会社を退職したので、観光ビザを取りにラオスのビエンチャンへ。


今回は、2泊3日ビザ取得ツアーに参加したときのお話です。




タイでは退職すると滞在ビザが切れるので、一般的に退職日から1週間以内に一度タイ国外へ出なくてはなりません。
そのまま日本に帰国したり、周辺国へ旅行に出たりしても大丈夫です。


私の場合、辞める時期や書類上の手続きなどで会社側と揉めていたので、あらかじめチケットを取ったり、ホテルを予約したりすることができませんでした。
そこで今回は、電話一本で予約ができる、ビザ取得ツアーに参加することに。


私が参加した会社だと出発日の前日まで受け付けてくれるそうです。


今回、私が取りに行ったのは観光ビザ
60日間の滞在が許可され、プラス30日間、タイ国内のイミグレーションで延長ができます。
なので、1回の観光ビザ取得で、最大90日間滞在が可能です。
ちなみに、日本のパスポートの場合、タイはビザなしで空路だと30日、陸路だと15日滞在が可能です。


退職日がようやく決まり、ツアーへの参加を申し込むため連絡。
この時、当日までに準備しておくものを伝えられます。


準備するもの

・顔写真2枚
(3×4㎝のパスポートサイズ、背景は白、襟付きの服を着用、メガネなし)

・パスポートの顔写真ページのコピー2枚(パスポートと同じサインを記入)

・青のボールペン

・タイの住所

・3,300バーツ(ツアー代)+1,000バーツ(観光ビザ申請代



そして出発日の前日、16:00過ぎ頃にかかってくる電話で、翌日の待ち合わせ場所と乗る車のナンバーを教えてもらいます。


待ち合わせ場所は、日本人が多く住んでいるBTSオンヌット駅直結のテスコロータス駐車場、17:30集合です。



出発日


さてさて、当日です。


集合場所に行くと、タイ人ドライバーさんが待っています。


ビザ申請用紙を受け取り、ツアー代3,300バーツをお支払い。
名前や住所などを記入後、ドライバーさんに渡します。


車はワゴン車で、座る席は予め決められていました。
私が参加した回は、男性6名、女性4名の計10名で、ほとんどがリピーターなんだそう。


参加者全員が集まったら出発です。
ラオスとの国境の町、ノンカイを目指します。
ながいながーいバスツアーのはじまりはじまり…


18:00頃オンヌットを出発し、ノンカイのイミグレーションに着いたのは翌朝3:00過ぎ。


途中、2時間おきくらいにサービスエリアでのトイレ休憩があり、全ての場所にセブンイレブンがありました。


こんなにトイレ休憩があると思っていなかったので、コーヒーを飲むのを我慢していたけど、飲めばよかったとちょっとだけ後悔。
ご飯やおやつは買って休憩の間に食べたり、バスの中でも飲食可。
私は持参していたので、バスの中で食べました。


ノンカイのイミグレのオープンは朝6時
3時過ぎには到着しているので、ゲートが開くまでひたすら待ちます。
5時30くらいになったら、預けておいた申請用紙をドライバーさんから受け取り、ゲート前まで移動。


朝早くにも関わらず、大勢の人がいるので、迷子にならないようツアー参加者とかたまって移動します。


流れに身を任せ、はぐれないようにしっかりと付いて行き、あっという間にイミグレ通過。
ラオス側に入ったところでバスが待っているので、流れに乗ってバスに乗り込みます。
ここで待っているバスはどれもビエンチャンのタイ大使館に行くので、多少はぐれても大丈夫。
行きも帰りもそうですが、イミグレを通過した後は出国、入国のスタンプがちゃんと押されているか要確認です。


7時頃、タイ大使館に到着。
しかし、大使館が開くのは8時30
ここでもひたすら待ちます。
8時になったら中に入れてもらえるので、すばやく移動。
ここでの順番が翌日のパスポート受け取りの順番になります。


8時30になったら受付開始です。
並んだ順番に、係員へパスポートと申請用紙を提出。
番号が書かれた用紙を受け取り、提出は終了。
あとは翌日、受け取りに来るだけです。


提出が終わり、ツアー参加者でホテルに移動。
9時30頃到着しました。
ツアーに含まれている朝ご飯を食べ、解散。


翌日11時45のチェックアウトまでは自由時間です。
希望者にはメインストリートまでの送迎があるようで、18時にホテルロビー集合。
ナイトマーケットや夜ご飯を食べに行ったりするみたい。


泊まったホテルは「THAVIXAY Hotel」。
歯ブラシとタオル、石けんがアメニティーでついていました。
正直、あまりきれいなホテルじゃなかったです(写真撮るのを忘れました…)。
解散後、私は街中を散策したり、麺を食べに行ったり、カフェに行ったりして、ゆっくり過ごしました。



翌日


翌日は、ツアーに含まれている朝食をホテルで済ませ、11時45チェックアウト。
全員集合したら、タイ大使館に向かいます。


パスポートの受け取りは13時30からなので、時間まではご飯を食べたり、コーヒーを飲んだりと思い思いに過ごせます。


時間になると番号が呼ばれるので、昨日もらった自分の番号が来たら、番号の紙と申請料1,000バーツを係員に渡します。
領収書とパスポートを受けとったら終わりです。
念のため、ビザのページを確認。


ここまで終わったら、あとは来た時と逆の流れ。
大使館前からバスに乗り、イミグレを通過し、タイ側へ。

タイとラオスの国境、メコン川。川を挟んで右側がラオス、左側がタイ


タイ側のノンカイまで来たら、来た時と同じ車に乗り、バンコクに向かいます。
この時すでに16時過ぎ


バンコクに着くのは何時になることやら…帰りも2時間おきにトイレ休憩があり、18時過ぎにサービスエリアで夕食です。


この夕食を合わせて計3回の食事がツアー代に含まれています。
ここの夕食では40バーツ分のクーポンを渡され、食堂で好きなものを注文できます。
麺好きの私は、ここでも麺を食べました。


食事休憩が終わったらあとはバンコクに向かうだけ。
ドライバーさんも早く帰りたいのか、かなりとばしてました。


バンコクに着いたら降りる場所を選べるので、私はアソークで下車。
時間は…1時30!
それからタクシーに乗って颯くんの待つ自宅に帰ります。
家に着いたのは深夜2時00過ぎ…無事にビザが取れて、無事に帰れてよかった。


参加したツアー会社AJツアー


私が参加したのは12月下旬だったので、タイもラオスも寒かった!
昼間は長袖とストール、夜はダウンと長袖を着て丁度いいくらいでした。
この時期のツアーに参加される場合は、調節のできる服装の準備があるといいと思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする