断捨離する事で本当に自分が欲しい物に気づける。



乾季も終わりに近づき、日に日に日差しが強くなってきたタイからこんにちは。颯です。


次の移住先に行くため、今住んでいる部屋の片付けをしています。我々は比較的物が少ないほうだと思いますが、毎日大量に処分する物が出ます。


実は僕、ゆかこと付き合う前は物を捨てられない性格でした。特に洋服が溜まる一方で、少なくとも衣装ケース5個分はゆかこと一緒に処分しました。。。



愛着があり物を大事にするのはいいのですが、僕の場合、着ずに何年もとっていた洋服ばかりでした。大半の服が「安かったから」、「福袋に入っていたから」、という理由や惰性で買った物ばかりでした。





実際、思い切って手放してみると、値段は関係なく、自分が好きで選んだ物ばかりが手元に残りました。そうった服を着ていると自分に自信を持てますし、とても気持ちがいいですね。

自分の気持ちに正直になれたのは、徹底的に断捨離をし、「本当に大事な物は何か?」という自分の気持ちに気づけたからだと思います。


物で溢れていると心も余計なゴミが溜まっていくのだと思います。何事も最初に手放し、自分の気に入った物を使う、といい循環を回すのって大事だなぁとつくづく感じています。


そうする事で心も満たされ、日々の生活の質も上がっていくと思います。


意識して生活していても、ついつい余計な物が増えていく現代社会では、定期的に断捨離するのって、病気の予防のため食事に気をつけるのと同じくらい大事な事だと思います。


情報や物で溢れる現代社会だからこそ、必要な物を見極める力を身につける事って現代を生き抜く必須の力だと感じています。


自分がどう生きたいか、何がしたいか?」分からない方は気楽に処分できる物から、断捨離を始めてみては?と思います。


今まで気づけなかった本当の自分に出会えると思いますよ。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする