来週で仕事辞めます。


こんにちは。颯です。


今回は僕のタイでの仕事の話をしたいと思います。

タイに移住するまでは、とにかく「タイに行く!」というのが目標でした。

そのため、あまり先の事を考えず、とりあえずタイへ行きました!

ビザなしでタイに入国すると30日間滞在できますが、

長期間滞在するとなると、ビザが必要です。

ビザの種類は

1.学校で学生ビザを取得

2.就職して就労ビザを取得

3.観光ビザを取得


基本的にこのどれかしか選択肢がないです。


タイへ行った当初、僕は学生ビザで、ゆかこは観光ビザで滞在していました。

その後、結局、2人とも日系の会社に就職する事になります。。。

この時僕は、「タイで働くんだから、日系企業で働いてもゆる~い感じで働けるだろう!

とかなり甘くみてました。。。



実際、入社してみると、、、月に数度ある接待、土日返上しての仕事やゴルフ。。。

日本と同様のやり方で仕事を進めていくため、結局、「日本にいた時と何も変わってない!」と痛感しました。。。

その他にも、、、

上司が残っているからなかなか帰れない、上司の機嫌を取らないといけない、評価制度があいまいで主観的な評価しかされない、書類を渡しに行くのに丸一日かける、、、と。

無駄な事が多すぎて仕事以外の事で疲れる事が多かったです。。。

また、社内の日本人は黙々と自分の事だけをし、我関せずといった感じで他の人が困っていても見て見ぬふりの状況でした。。。話しかけても仕事の話ばかり。他の人がいないところでいない人の文句や悪口を言う。。。

そんな薄っぺらな人間関係の中、上司に嫌われないよう必死になって頑張って、上司に認められようと自分の時間を犠牲にして会社に尽くす。。。こういう人たちを見て、全然憧れの気持ちを抱けなかったです。みな表情がなく、心を失くしており、家庭も上手くいっていなく、、、そんな人の集まりだったので社内の空気も淀んでいました。。。

一日の大半の時間を費やす仕事がこんなにも苦痛で、退屈なんて、本当にもったいない時間の過ごし方をしている!と日々強く感じていました。

我慢して、嫌な人と顔を合わせ、付き合っていく必要ってあるんだろうか?

これって自分の事を大事にできてないよね。と心底感じていました。

安定の先には自分の理想の未来はない。

仕事内容には不満はないのに、どうして会社に行くとぐったり疲れるんだろう?

このままこの仕事を続けて自分らしく生きられずに終わるのは絶対に嫌だ!

どんどん自分の心がなくなっていくのが分かる。。。

タイ人との付き合いは適切な距離感、本音をバンバン言ってくる、疲れる事はやりたくない。

というスタンスなので、こちら側も気を使わなくて一緒に過ごせ、気疲れすることは全くなかったです。また、仕事で外出する際、タイ人と一緒だと全然疲れないのに日本人と一緒に行動すると疲労感がはんぱなかったです。

結局、何をやるか?よりも誰と一緒にいるか?がとっーーても大事であって、

そこを上手く選択していく事でストレスなく働けるんだと思いました!!

安定しているから、ビザがもらえるから、という条件で選んだり、

これが好きだから、面白そうだから、っていう気持ちを無視して選ぶ選択って

結局、自分を大事にしていないし、長くは続かないんだと思います。

この一年程、日系企業でサラリーマンをして、、、

日本人の社会、価値観で働く限り、環境を変えても結局同じ事

というのをつくづく実感できました。

これを読んでくださった皆さんに何かしらの気づきや、今後の事を考えるきっかけになってくれたらいいなぁと思います!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする