ウラジオストク郊外にあるキタイスキー市場にバスで行って来ました!


こんにちは、ゆかこです。


せっかくウラジオストクに来たんだから、ローカルな場所にも行ってみたい!


ということで、ちょっと足を伸ばして、郊外にあるキタイスキー市場に行ってきました。

バスでの行き方と乗り方


郊外といっても、そんなに遠くなく、ウラジオストク駅前のバス停から31番のバスに乗って20分くらい。


私たちが乗って数えたときには、8つ目のバス停でした。

(31番のバス)



バスの乗り方は、後ろから乗って前から降りるシステムでした。



降りるときに運転手さんに料金1人23ルーブルを手渡し。



運転手さんは確認してない場合もあるみたいなので、なるべくお釣りが出ないようにコインを用意していました。



売っているものはスーパーとそんなに変わらないけど、見て回るだけでも楽しい!



果物や野菜の種類が多くて新鮮な感じがしました。



他にも、ナッツやはちみつ、パン類なんかも売られていて、地元の人の生活に密着した市場だなーという印象。


もちろん、衣料品もありましたが、食品のほうが魅力的でした。


(日本でも馴染みのある食品が多かったです)



敷地内にはショッピングセンターのような建物もあって、スーパーやケンタッキーも入っていました。


カフェや軽食のパンを売るお店もいくつかあって、ちょっとした休憩にもちょうど良さそうでした。


市場の周りに、きれいに整備された公園のようなスペースがあったので、バスに乗る前に買っておいた総菜パンを外で食べました。


ゆっくりとした時間がながれて、リフレッシュできますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする