ラオス バンビエンのおすすめ観光スポット <ブルーラグーン、ナイトマーケット>


こんにちは、ゆかこです。


バンビエンの変化に驚いています!



4、5年振りにバンビエンに来ましたが、観光客の数が圧倒的に増えたし、町の規模も大きくなってる!



ゲストハウスも増えたし、カフェや食堂も増えてる!



すごいですね…たった数年でこんなに変わるものなんですね。



ちょっと寂しい気もします。



観光客が増えて、大分変わってしまった感じもしますが、まだまだ豊かな自然に囲まれたバンビエンでは、時間もゆっくり流れている気がします。



私たちは3泊4日滞在し、のんびり過ごしました。




朝の散歩がてら、メインストリートをのんびり歩いていると繁盛しているお店を発見。



お粥とカオピヤック(米粉麺)のお店でした。



地元の人が多いということは美味しいということ!なので食べてみることに。



残念ながら化学調味料の味が少ししましたが、感じのいいおばちゃんが切り盛りしていて美味しかったです。



朝からの営業で、おそらく売り切れ次第終了。



店名があるのかは分かりませんが、Malany Hotelの隣です。

ひっきりなしにお客さんが入ってきて満席!

揚げニンニクが効いていて美味しい

麺は3種類から選べるようでした。モチモチのカオピヤックを選択(右手前の麺)




昼間はバイクを借りてブルーラグーンへ。



ゆっくりと流れる時間に癒されます。



途中、牛の群れに何度も遭遇しました。


ブルーラグーンと呼ばれる池はいくつもあるみたいで、どこにいっても観光客でにぎわっていました。



水が冷たく、気持ち良かったですが、すっかり観光地化されていて、全然ブルーラグーンじゃない…というのが正直な感想です。



早めにブルーラグーンを出て、市内まで戻り、メインストリートを北上してドライブ。



ゲストハウス街を過ぎたくらいのナムソン川は浅瀬で、水がきれいでした。



人も少なかったので、泳ぐならこちらの方が断然おススメです!




夜はナイトマーケットを散策



以前来たときはなかったのですが、観光客が増えたから始めたのかな?



売り子のお姉さんが教えてくれたのですが、ほとんどが近くの村から来ているモン族の方々だそうです。



マーケット内の商品は他の都市よりも値段が安く、売り子さんも人柄の良い方ばかりで、安心して買い物できました。

ぼったくられることもなかったので、たくさん買いました



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする